一万羽プロジェクト

 「一万羽プロジェクト」

「僕だけじゃなくみんなの想いを届けたかったんだ」

美人窯の職人はそう語ります
2011年3月東日本大震災
そんな中 美人窯5代目当主安藤勝美は
大きな震災から復興を願う
被災地の方々に向けて
陶芸家として何かできることはないか
そう考え「一万羽プロジェクト」を始動させました

本プロジェクトは
陶芸家が心を込めて作ったものを届けるだけでなく
個人の方や企業様にプロジェクト参加を募り
縁をつなげていくものでした

焼き上げると陶器になる
特殊な紙を用い
一人一人の手によって織り上げられた折り鶴は
私たちの手によって丁寧に焼き上げられ
義援金と共に被災地へと届けられました

一人の陶芸家の小さな想いから始まった活動は
多くの人々の想いと連なり
大きな翼となって
被災地へと届けられました

←マルからサンカクへ

contact

器に関するご質問 ご注文は
こちらからお気軽にお問い合わせください